ワットポー タイ バンコク旅行 お寺(Wat PO,Bangkok,Thailand) 

バンコクタイのワットポーにやって来ました。お寺がでかい

タイ旅行で是非行ってみたいお寺ナンバーワン ワットポーはきらびやか

バンコクにあるお寺の一つのワットポーに行ってきました。

バンコクのワットポーに行ってみてほんとに驚かされたのは、巨大な釈迦仏(涅槃仏)でした。 本当にデカかった。タイ・バンコクの寺院は、他にも、「王宮&ワット・プラケオ」(エメラルド寺院)、「ワット・アルン」が有名で、それらを合わせて、三大寺院といわれますが、ここワットポーが一番インパクトが大きいでした。実は、「ワット・ポー」(Wat Pho)は、タイ古式マッサージの総本山であり、“涅槃仏寺院”と呼ばれているそうです。タイ古式マッサージの総本山というだけあって寺院内でマッサージが受けられます。さらにワットポーの寺院尾前には、果物屋さんなどスイーツ店もたくさんあります。国を問わず、女性客も大勢でしたので、女子旅にもおすすめの観光スポットだと思います。

ワットポーへの行き方について

ワット・ポーへ行き方についてよく言われるのは、バンコク都内のMRT(地下鉄)フワランポーン駅か、BTSサイアム駅まで行ってから、タクシーを使うのがすすめられています。ただ、タクシーもぼったくりとかたまにあるので気をつけてください。私は用事もない宝石屋さんに連れて行かれたりしました。本当に困りましたね。乗る前にどこに行きたい、と聞くと 『〇〇バーツ』といわれた場合、ぼったくりの可能性が高いです。ホテル前のタクシーなど、観光客目当てのタクシーなどぼったくってくる可能性があるので注意が必要です。メーター制ですの、乗車後、タクシーの運転手がスイッチを入れてることを確認しましょう。初乗り35バーツのだいたい100円という安さです。日本で考えるととても安いですね。

ではご安全に。

なんとか 怪しい感じのタクシーの運転手の魔の手を逃れて、うまくワットポーにたどり着きました。さすがバンコク、きらびやかなワットポーの入り口は圧巻ですね。ただ実際の仏像はさらに圧巻ですが…バンコク旅行では暑いですけどやはりお寺は外せません。

ワットポーの入り口

ワットポーの入り口にやばい奴が身構えていました。バンコクの番人でしょうか、はたまた悪い上司でしょうか…とにかく解脱が必要そうです。

ワットポーの入り口

鐘を鳴らす場所がありました。日本のお寺であれば 『ご~ん』っていうあの音なんでしょうが、ここバンコクでは若干高い音が鳴りそうな気がします。それにしても小さいかねですね。バンコクの三大有名お寺のワットポーでもこれなので、タイのお寺では日本のような鐘は使わないんだと思いました。

ワットポーの入り口

タイランド Thailand 関連記事

日本のお寺と同じようにお線香をあげていらっしゃるバンコクの現地のおばちゃんっぽい方がいらっしゃいます。この辺になってくるとあまり日本と変わらない感じに思いますね。

ワットポーの入り口

日差しがとても強かったのですが、オリーブの大木の日陰のおかげで涼むことができました。

Booking.com







マイレージを貯めて無料で海外旅行

おすすめクレジットカードまとめ

道の両脇にずっと続く オリーブ畑を楽しむ プーリャ州(Puglia)

どこまでも続く道路の両脇にもオリーブ畑が広がります。良い眺めです。

ワットポーの入り口

イタリア全土のオリーブの年間生産量のほぼ半量が生産されていると言われており、実際にサレント空港からレッチェの町に行く際にも、オリーブ畑が広がっています。オリーブの最大の産地がプーリア州(Puglia)です。

ワットポーの入り口

プーリア州(Puglia)に実際に住む友達やその家族にも食事を頂きましたが、世界的にも有名なイタリアのプーリャ州産(Puglia)のオリーブオイルを使った料理が 日常的に食べれるのはとても嬉しいですね。健康にも良いですし、南イタリアの暑い日差しによって育ったオリーブから取れたオリーブオイルは、その色も、味も魅力的です。色は比較的 淡い黄緑で、香りがあり、比較的苦味の少ない風味です。

イタリアの朝ごはん ポルトチェザーレオ モーニング 朝飯,Porto Cesareo Morning Cafe,Puglia,Lecce,Italy

以下にプーリア州(Puglia)のオリーブを見つけたので参考にリンクを貼っておきますね。ご賞味ください。

イタリアAISO認定のオリーブオイルソムリエがお奨めするイタリアプーリア州サントーロ農園のPicholine(ピショリーヌ)100%のエキストラヴァージンオリーブオイル。イタリアグルメ評価本の常連農園のこだわりオリーブオイルです。

プーリャ州のローカルな旅を楽しむ

プーリャ州(Puglia)の友人に連れられてよりローカルな旅を楽しむために現地のおじさんのvillaに泊めてもらいました。

ヨーロッパでは、こういった民泊は普通に行われていて、日本でも最近普及しつつありますよね。

家の中に案内して頂きました。日本の家と違って広々としています。宿泊する部屋はこちらです!到着! ワインのボトルもたくさんありました( ´艸`)飲みたいですね。

日本人の私には大きなお家すぎてちょっとビックリしました。家の外には広い庭が広がっていて、畑もあり畑で取れた新鮮な野菜も楽しむことができました。カフェを飲みながらの イタリアの田舎での休日( ´艸`)

より海に近い フラットの紹介です。こちらは別物件になります。

ポルトチェザーリオ ビーチの紹介

オリーブやワインだけでなく 南イタリアというからにはビーチも楽しまなくてはなりません。

そちらの記事をこちらに書きました。

ビーチについての紹介はこちらから。風の強さによって いろいろな海の色を楽しめるビーチです。詳しくは、下の画像をクリックして下さい。Please Clickif you need more information of Beach!

ポルトチェザーレオのカフェで旨い珈琲を楽しみました。イタリア旅行で、プーリャ、サレントを訪れました。Puglia,salento,Porto Cesareo

ヨーロッパで周遊を考えていらっしゃるのであれば、パスがお勧めです。一回一回切符を買うより遥かに安上がりになります。イタリア国内だけなら、イタリアだけで使えるレイルパスを買うと良いでしょう。イタリアについてからは買えないので、日本にいるときに事前に買ってね。これと似たようなものとして、日本にも新幹線乗り放題のレイルパス(Japan railpass)があるのですが、こちらも日本についてからは買えませんし、日本人は買えません。なので、ヨーロッパなどの海外の方が、自国で買うというものです。私の友人はそれを日本に来る前に買わないでかなり交通費にお金をかけていました。

こちらがレイルパス公式サイト

フィレンツェ 電車で旅 ユーレイルパス

イタリアで電車を使った旅(ローマからピサ・フィレンツェ)

イタリアの車窓からの眺めも楽しんで見たかったので、電車を利用して、実際にローマからフィレンツェに移動してみました。

ローマからフィレンツェへの旅/Rome to Firenze

ピサの斜塔に登る!ローマからイタリア新幹線で行くフィレンツェ&ピサ<昼食付きプランあり/日本語ガイド> by Mybus

ミラノからスイスへの旅/Milano to Switzerland

ベルニナ急行とサンモリッツ☆ミラノから行くスイス自由旅行<列車チケット手配>by Max Harvest

ローマから各自、列車に乗ってベネチアへ!/Rome to Venezia

列車で行くベネチア日帰り観光 <ゴンドラ乗船プラン・ガイドツアープラン有/日本語/ローマ発>by Max Harvest


airberlin(エアーベルリン)を使ったのですが、マイルで飛行機に乗ったので、ほぼゼロ円で移動しました。マイルをためると海外旅行もほぼ無料で行けるので、マイルのたまるクレジットカードを持つことをお勧めします。非常にマイルがたまりやすいクレジットカード

おすすめクレジットカードまとめ

Lecce レッチェ 遺跡巡り ドゥオーモ サンティ ピエトロ エ パオロ教会 (ガラティーナ大聖堂) ポルト・チェザーリオ 南イタリア サレント レッチェ 南イタリア 夏休み バケーション 格安旅行

"歩いているだけで楽しくなっちゃう街ですね。それがレッチェ(Lecce)ですね。"


サレント レッチェ イタリア旅行 salento holiday vacation 夏休み 青の洞窟 南イタリア旅行


『南イタリアで素敵な夏の思い出をつくりませんか?』

Lecceの街の中で、本場イタリアのエスプレッソを頂きました。旨くないわけがありませんよね?素敵な街を楽しみながら、プラット立ち寄るカフェで、珈琲を飲む。なんか嬉しくなっちゃいます。是非経験して頂きたいです。ホテルの予約。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅


南イタリアを楽しむ サレント プーリャ ナポリ ポンペイ


《只今 ローマ イタリア方面 格安セール中:ローマ、フィレンツェ、ナポリ!》⇒⇒⇒格安海外ツアー

航空券のみ購入して、ホテルだけ宿泊という手段でも楽しめますよ。是非、素敵な地中海の透き通ったビーチのある南イタリア【プーリャ、サレント、レッチェ】を楽しんで下さい。

※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

『南イタリア プーリャ、salentoで楽しむ 本場のイタリア料理 そして紺碧の海を ワイングラスを片手に楽しみませんか?』










ギリシアもたいへん近いです。イタリアで過ごされたあと、ギリシアに立ち寄られるのが良いかと思います。船で行くと 白い壁の建物がたくさん見えて、地中海に来たなぁって感じますよ、是非楽しんで下さいね。



Copyright reserved by SunChildren
【ホテルのご予約はコチラから】
※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅

イタリア旅行 サレント salent



たびネタ/旅行ネタ/Travel the WORLD


その他のコンテンツ More Contents

イタリア料理のアラカルト