ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅からフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェラ駅を経由してピエンツァへ行ってみた-

フィレンツェからピエンツァへレンタカーを利用して行く方法-イタリアの旅行-ピエンツァ・フィレンツェ旅行-Travel in Italy

Venezia[Stazione di Venezia Santa Lucia]~ Firenze[Stazione di Santa Maria Novella]/ (イタリア北部旅行)

ベネチアからオルチャ渓谷に到着するまでの道のり (最終目的地は南イタリア-プーリア) 更新日 2019.06.15-

フィレンツェからピエンツァへ~レンタカーを利用して

フィレンツェから、サンジミジャーノや、ピエンツァをまわる際にレンタカーを使用しました。電車やバスを乗り継いで行くことも可能ですが、バスや電車の乗り換えによって待ち時間が増えたりして時間的には、かなり制限されます。

私は、それ以外にモンタプルチャーノというワインも有名な街にも訪れましたが、そこにレンタカーなしで、しかも、一泊二日というスケジュールで、バスを乗り継いで行くということは、ほぼほぼ不可能だと思います。また、アグリツーリズモを経験するために、田舎の家に、泊まろうと思うのであれば、間違いなくレンタカーが無くてはいけません。タクシーを、使用する手段も有りますが、非常に高額な料金になってしまうと思います。

また、フィレンツェからバスを利用してピエンツァへ行き、またピエンツァからバスでフィレンツェに戻るルートを取るとなるとかなり時間的にきついと思います。周遊旅行でイタリアをまわっていて時間的にもきつく 短期的な期間での周遊旅行であれば、なおさら避けるべきだと思います。正直なところお勧めできません。

その為、今回は、レンタカーを使用してフィレンツェから、サンジミジャーノ、ピエンツァ、モンテプルチャーノ、フィレンツェに戻るルートを取りました。

フィレンツェのレンタカー屋さん

フィレンツェ空港からシャトルバスを利用してレンタカー屋さんが集まったモールみたいなところに到着しました。

フィレンツェのレンタカー屋さん

これだけ多くのレンタカー屋さんが集まっていました。(フィレンツェ空港近く)※無料バスにて到着可能です

フィレンツェのレンタカー屋さん

店員さんが誰もいませんでした…今は、休憩中なのかなぁ…。

イタリアにて海外レンタカー利用でハプニング!?

1日目は、レンタカーを借りれたのが、3時半くらいだったのですが、それでも、これだけのルートをまわることができました。朝から、出発できれば、さらにもっと色々行くことができたと思います。なぜレンタカーを借りる時間がこんなにも遅くなったかというと、ベネッイアからフィレンツェ移動でイタロを利用したのですが、それがかなり遅れました。予定より2時間も遅れてしまい、予定よりかなりフィレンツェへの移動が遅くなってしまいました。もしイタリアで電車を利用する予定であれば、事前に購入することをおすすめします。かならずしも英語が通じるとは言えません。言葉が通じないことで限られた旅行の時間を削られるくらいなら日本にいる時に事前に購入しておくことをおすすめします。

イタリア国内にて電車移動でも事前購入がおススメです。フィレンツェ~ベネッイア移動

近場の移動であれば、料金もそれほど変動がなく移動時間もそれほど影響はないのですが、異なる都市を移動する際に電車を移動するのであれば、やはり事前に購入することをおすすめします。例えば、ローマからフィレンツェへ移動するとかローマからナポリに移動する、あるいはフィレンツェからベネッイアにいどうするなど、あらかじめルートが決まっているのであれば、絶対に事前に購入することをおすすめします。直前に購入するとなると料金は高くなってしまいます、最悪取れないということになったり 足止めを食らってホテルの予約も直前で取らないといけなくなったり、もともと取っていたホテルの予約をキャンセルしないといけないことになり ますます余計なお金がかかることになりかねません。おすすめのサイトはこちらですが、イタリアの周遊を考えるのであれば、イタリア内を自由に移動できるイタリアレイルパスをおすすめします。

この考えは、ホテルでもレンタカーでも同じで、直前予約になってしまうと、べらぼうに高くなってしまいます。特に観光客が多い都市だと、時期によっては全く取れず、野宿などになってしまい 安全面でも頂けない状況になってしまいますので、やはり事前に予約ことがおススメです。

イタリアでレンタカーを借りる際に注意したこと フィレンツェ、プーリア、ベネッイアにて

実際、フィレンツェでレンタカーを借りた際は、ネットで事前に以下のサイトから、予約しました。二つのサイトを見比べて安さと、旅行カバンが車に乗りそうかということに注意しました。

例えば、ゴールド○○は、ネットで評判が良くなかったので、安かったのですが、選ぶ対象から外しました。結局、lecysという会社で借りることにしました。レンタル費用としては、スーパープロテクションにも入り、一泊二日で9000円弱でした。結構お得だと思います。このスーパープロテクションは、事故などを起こした際に、自費を出さなくても一定の金額までは、カバーしてくれる保険のことです。日本でレンタカーを、借りる際にもレンタル費用を支払う以外に別途追加料金を支払うことで補償してくれるものがあると思いますが、あれと同じです。 イタリアでレンタカーを、返す際の注意点として、燃料を満タンにして返さないとペナルティー料金が発生します。私は、二社の異なるレンタカー屋さんを利用しましたが、どちらでも同じことを言われたので、イタリアのレンタカー屋さんでは、一般的なのかもしれません。レンタカーを借りた際に、レンタカー屋の人に近くのガソリンスタンドの場所を聞いておく、紙に書いてもらう、ナビにあらかじめ入れてもらうなどの対策を取ると良いと思います。 私は、フィレンツェ旅行の際は、ナビにだいたいの場所を登録してもらい、かつ、紙にも書いてもらいました。

その場合に利用したレンタカーのサイトをご紹介します。

フィレンツェで借りた車はこちらのアルファロメオでした。新車でした。新車なのに一泊二日で1万円以下の8000円という価格!安かったです。やはり事前に予約しておくのは大事ですね☆彡

レンタカーの予約はこちらのサイトを利用しました。クリック後に検索窓で 目的地の場所(例えば firenze)を入力して、各レンタカー会社で価格を比較して予約しました。サイトはこちらイタリアでレンタカー(海外予約一括サイト)、サイトによっては、あまりローカルな地名の空港や町だと検索に出てこないので、このサイトを重宝しています。

イタリアレンタカー アルファロメオ フィレンツェ空港でレンタルしました。

フィレンツェ空港近くのレンタカー屋さんでかりました。

サンジミジャーノ

サンジミジャーノに無事にフィレンツェ空港からレンタカーを利用して無事到着しました

アルファロメオ

結構お洒落な車でした、この後にピエンツァ、モンテプルチアーノにも行きました。

ベネッイアからフィレンツェ、シエナをまわった実際の旅程~イタリアにてレンタカーを使用しての旅

ヴェネツィアから、フィレンツェ近くの都市シエナを経由して、オルチャ渓谷へ行ってみようというのがはじめのプランでしたが、そのルートを調べてみました。もともとは、オルチャ渓谷は抜きにして、ベネチアだけにしようかとも思っていたのですが、オルチャ渓谷に是非行ってみたいということもあり、プランに入れてみることに。ただし、そもそも厳しい日程だったため、フィレンツェについてからのオルチャ渓谷へ行く旅程はきついのが正直なところです。ベネツィアからフィレンツェまで移動に関して、飛行機を使ってフィレンツェのフィレンツェ=ペレトラ空港Aeroporto di Firenze-Peretola】まで行き、レンタカーを借りて、シエナやオルチャ渓谷に向かうのプランと、電車で、ベネツィアからフィレンツェのフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅Stazione di Santa Maria Novella,SMN)へ移動するプランを考えましたが、結局のところ、悩んだ挙句、電車を使用することにしました。理由としては、コストと時間のタイミング。飛行機で移動しても、そもそもベネツィアの街中から、またベネッイア空港に向かい、さらにそこから保安検査を受けて飛行機でフィレンツェ空港まで移動するメリットがあまり感じられなかった、またタイミングもあまりよくない。ということで電車での移動をすることに決めました。

①TRENITALIAと

②鈍行(鈍行列車)、

③Italo AV

という3つの方法があり、①③であれば、だいたい2時間~2時間半でベネツィア~フィレンツェ区間を行くことが判明しました。

②の場合だと5~6時間かかってしまうので、これはお勧めできない。

列車の価格表を確認したところ分かったこと。【Kiwi.com】 を使用した方が安そう。

イタリアのTrenitaliaを使ってベネツィア~フィレンツェ区間を調べてみると2時間10分で到着できるもので57~59ユーロ。【Kiwi.com】 で検索をかけてみると、意外にも4800円~5400円とこちらの方が安いことが分かりました。ということでこちらを使用した方がいいことが判明です。

パッケージ旅行もあり

ただ電車で周遊するほど、あまり時間が無かったり 追加で費用が掛かることを恐れるのなら実はパッケージ旅行の方がおススメです。言葉が通じませんし、思わぬ出費などを考えるとパッケージの方がお得だったりします♪宿泊・周遊パッケージツアー

周遊航空券の方が早く楽

こちら(【Kiwi.com】 )のサイトは連動式に最も安い価格が出てくるサイトです非常に重宝しております。【Kiwi.com】 ローマ→ナポリ→シチリア→ベネツイァ→陸路→フィレンツェ→プーリャの周遊を行った際はコチラで航空券を購入しました。電車では時間が足りない場合などに航空券で周遊しました。かなり前からの予約だと滅茶苦茶安いですね。もちろん列車の切符も購入可能です。

鉄道パスと鉄道チケットが買える)(公式ページ)

trenitaliaの価格表

Kiwi.com の方が価格的に若干リーズナブルですね、ただし、数日間イタリアに滞在するのであれば、往復切符 購入が一番おススメですね。

raileuropeの価格表

さらに、片道切符ではなく往復切符では、すでにかなり割引されている価格で購入できるので、乗り方によってはこちらの方が断然お得になります。直前で駅で購入するとなると、列に並ばないといけないですし、だいたい外国人が買う窓口は、英語が通じず、乗り遅れてしまうことにもなりかねないので、やはり事前にKiwi.com で購入していた方が良いです。他にもユーレイルパスというものがあり、イタリア国内で使える電車パスです。これは3日連続している必要はなく、一か月という枠の中で、どの日を使用しても良いことになっています。ローマ起点で、ベネツィア行ったり、フィレンツェ行ったり、ナポリ行ったりするのであれば、価格的にお得であったりします。ただ行くところが決まっているのであれば、Kiwi.com で予約した方が、ユーレイルイタリアパスの料金より安かったりします。

ベネツィアからローマの時刻表

ユーレイルパスだと、確かに同日内であれば、何回乗車しても良い乗車券になるのですが、実際は電車で移動後に、その街の観光をすると思うので、それほど移動はされないと思います。思いのほか一日の中で何度も乗らないと思うので、南イタリアでの旅行の際に事前に格安の列車の切符をKiwi.com で購入する方が正直かなりお得です。

raileurope-レイルヨーロッパ イタリアパス

ベネッイアからフィレンツェまでの移動は、飛行機よりも列車の方が安いということで 先ほどのサイトKiwi.com で購入して列車で移動してみることになりました。

実際のイタロの様子(ベネッイア~フィレンツェ)

ベネッイアからフィレンツェへイタロで移動

イタロに乗ってみるとなぜかスパイダーマンが表紙に乗っていました。

イタロの中にあった雑誌

ベネツィアでいいもの食べていたのですが、そうは言ってもお腹はすきます…お菓子も充実?エスプレッソマシーンもイタリアらしく電車の中にありましたよ(笑)

ベンディングマシーン イタロ イタリア

ベンディングマシーン イタロ イタリア

スマホで場所を確認中。今回は海外ローミングのwifiをレンタルしていたのでサクサクネットもできます。便利ですね

ベンディングマシーン イタロ イタリア

ベネツィアからフィレンツェへの電車移動(Venezia to Firenze train travel)の最中に南イタリアへの旅程を考え中。。。

フィレンツェからバーリ空港へは飛行機を利用しての移動です/Firenze to Bari Airport by Air

ただバーリ空港から 最終的な目的地であるポルトチェザーリオまでが遠いですね!

ちょっと気持ちがなえてきました。

バーリ空港~マテラ~アルベロベッロ~ターラント~ポルトチェザーレオへのルート

グーグルマップだと、このルートは、4時間半。ながいなぁ…

今回のベネツィアからフィレンツェへの電車移動とフィレンツェからバーリ空港への移動は【Kiwi.com】 のサイトで予約しました。

こちらも通常の駅から購入だと、18.60ユーロとだいたい2000円以上かかるのですが、事前にKiwiで購入すると、1300円で買えるようです。こちらの方がお得ですね。他にも、色々行けて安そうですね。【Kiwi.com】

Florence Hotel

ポルトチェザーレオ~ガリポリ、オトラント、レッチェ、ブリンディッシ このルートを二日目にこなすといっても、こちらも、二時間半の長旅…かなりハードだなぁ。ゆっくり地元の料理とワインを楽しむことが目的になります。

Memo/イタリアでレンタカー、列車、国内線予約

イタリアの海外旅行で今回フィレンツェ(Firenze)と南イタリアのブリンディッシ空港(プーリア州:Puglia)でレンタカーを利用しました。目的地の場所を入力して、各レンタカー会社で比較して予約しました。サイトはこちらイタリアでレンタカー(海外予約一括サイト)、サイトによっては、あまりローカルな地名の空港や町だと検索に出てこないので、このサイトを重宝しています。おすすめです。

またイタリア国内を移動する際 電車と飛行機を使って移動しました。ローマからナポリに行ったり、ナポリからシチリアに行ったり、ベネツィアからフィレンツェに行ったり、フィレンツェからバーリに行ったり、その際にとても便利で安く使いやすかったのはKiwi.com でした。おススメです。

行ってみたい南イタリア旅行-プーリア 個人旅行(Puglia)の関連記事

南イタリアに個人旅行に行くのなら行ってみたい場所3か所(ガッリーポリ、オートラント、レッチェ旅行)をピックアップしました。

こちらは、サンタチェザーレ・テルメにある、Bagno Marino Archiという場所です。とても海の青が澄んでいて綺麗で、水中の岩も見えるほどです。初心者でも飛び込める場所もあり、ポルトチェザーレオ(Porto Cesareo)などの南イタリアのビーチとは違った楽しみ方ができる場所です。南イタリアの地元の子供たちも楽しんでいますね~。

サンタチェザーレ・テルメ旅行-Santa Cesarea Terme travel アドリア海、地中海を楽しむ

とにかく地中海 アドリア海 イオニア海の海が綺麗です。

絶壁 岩肌-サンタチェザーレ・テルメ旅行-Santa Cesarea Terme travel アドリア海、地中海を楽しむ

岩肌も絵になります。

海が澄んでいて美しい-サンタチェザーレ・テルメ旅行-Santa Cesarea Terme travel アドリア海、地中海を楽しむ

南イタリアの大自然を楽しめる場所の一つがSanta Cesarea Terme(サンタチェザーレ・テルメ)です。

行ってみたい南イタリア旅行-プーリア 個人旅行(Puglia)の関連記事

南イタリアに個人旅行に行くのなら行ってみたい場所3か所(ガッリーポリ、オートラント、レッチェ旅行)をピックアップしました。

Memo/Santa Cesarea Terme-Puglia Travel

サンタチェザーレ・テルメ(Santa Cesarea Terme)から近くて、また南イタリアの違った雰囲気の海を味わいたいのであれば、アドリア海の海の色を楽しめるカストロ(Castro)が有名です。

カストロの港(Castro Marina)には浜は無いのですが、みんな地べたというかコンクリートの上にタオルを敷いて普通に日光浴していました。ザ・南イタリアって感じです。南イタリアを旅行している際によく思うのですが、イタリアの人は泳ぐ場所を選ばずといった感じでしょうか…。続きはこちら

上で紹介させて頂いたプーリア州のうち、Porto Cesareo(ポルトチェザーレオ)をご紹介させていただきます。Porto Cesareoのビーチから海に実際にカヌーで出て、そこからどのように見えるのか海から撮影したものと、陸から近くを車で通って撮影したものをお届けします。Torre Cesareaは、海岸防衛の為とあって高さが高く結構大きい塔です。16世紀といわれると、日本にあるお城くらい古いですね。この上から敵の船が近づいてくるのを見張ってたんでしょうね。

Castro: ricca di storia e di bellezze naturali Castro sorge in una posizione strategica della penisola salentina, bagnata dal mar Adriatico e dal mar Jonio;

カストロ:歴史と自然の美しさに富む カストロは、アドリア海とイオニア海に囲まれたサレント半島の戦略的な位置にあります。

fortified 要塞,promontory 岬,municipality 自治区

プロシュートスライスのまとめ⇒バンケット

ミラノサラミ⇒サンドイッチ

コッパ⇒一口ピザ

パンチェッタ⇒スペイン風オムレツ

さて、飛行機でブリンディッシ・サレント空港(Brindisi Salento Airport)に到着後、イタリアの友人の家があるPorto Cesareo(ポルトチェザーレオ)に到着しました。カフェでパスティショット(南イタリアのお菓子)やカフェを楽しんだ後、ガブリエさんの貸別荘[関連:Porto cesareo -hotel villa accommodaton information]に 荷物を置いたのちに、ポルトチェザーレオの海[Porto Cesareo Beach]に行きました。昼間のポルトチェザーレオのビーチは最高でしたが、夜の街の様子も大変良いものでした。

カプリ島 青の洞窟 1日ツアー<3~11月/3コース地中海ランチ付き/日本語/ローマ発着>by [みゅう]:イタリアの人気観光スポット「カプリ島 青の洞窟」を観光する1日ツアー!青の洞窟は、その幻想的な光景で訪れる観光客を魅了し続けています。レモンが有名なカプリ島のレモンを使った地中海ランチ付きです。

列車で行く 世界遺産アマルフィ海岸&ポンペイ1日観光<車貸切/日本語or英語/ローマ発> by Max Harvest:ローマから列車に乗り、日帰りで世界遺産アマルフィ海岸へ。アマルフィの街とポンペイ遺跡の人気の2箇所を訪問、ポジターノではフォトストップ付き!ガイドなしのフリープラン、日本語ガイド付プランからお選びいただけます。

イタリアというと、ローマやベネツィアなど優雅なイメージを抱きがちですが、イタリアにはそのような街 以外にも、片田舎のゆったりできる 一味違ったイタリアが存在します。特に私の好きな南イタリアに、Porto Cesareo:ポルトチェザーリオという街があります(プーリャ州もしくはプーリア州と呼ばれています:Puglia)。今回は 地元のイタリア人の友達と一緒に ポルトチェザーリオ(Porto Cesareo)の町にある魚屋さんに行ってきました。 ギリシアにも近いこの町についてはこちらのページでも紹介しています→詳細

Porto Cesareo(ポルトチェザーリオ)は、海もすぐ近いイタリアの港町なので個人旅行でも楽しめます。実際にフラットのaccomodationをイタリア人の友人に借りて、そこから海まで自転車で遊びに行ってくる日常です。ほんわかとして個人旅行としては最高に楽しめるイタリア旅行の部類ではないかと、個人的には思っています。(笑)

位置的には、イタリアの靴の形をしたイタリアの【かかと】の部分にあります。

下の写真の右端の方ですね。ちなみに写真は同じプーリャ州(Puglia)にある レッチェ(Lecce)という街です。※ポルトチェザーレオではないですよ。

Torre Cesarea-ポルトチェザーレオ Porto Cesareo

さて、話をポルトチェザーレオ(Porto Cesareo)に戻すと、この街の名前に出てくるPORTO は イタリア語で『港』、英語だと『port』ですね。そんなわけで、PORTO CESAREO(ポルト・チェザーレオ)は、港町でもあります。もちろん、魚は豊富です。ウニやエビも豊富。貝類もたくさんです。パスタも食べましたが、おいしくないわけがありません。さらに、ここ南イタリアで、プーリャ州は、イタリアで最もオリーブの生産量が多い地域になり、樹齢が数千年というオリーブの樹もあります。つまり地元で採れた、海産物に、オリーブを使った料理…おいしくないわけがありません。さらに、ワインの産地でもあるので、、、これまた、食事を楽しむには、美味くないはずがないのです。
こんな感じ(↓)で一面 ワイン畑が広がります ※レッチェからポルトチェザーレオへ移動中の撮影になります。

Torre Cesarea:ポルトチェザーレオには防衛のため4つの塔があります。

トッレ チェザーレオ 夜景 -Torre Cesarea-ポルトチェザーレオ Porto Cesareo

さて、Fish Marketに話を戻しますね。ちなみに、イタリア語をちょこっと勉強してみると、、、

[Frutti di mare]魚介の盛り合わせ→☞⇒シーフード,海鮮,魚介類

イタリア ポルトチェザーリオの魚市場 porto cesareo

朝とれた 豊富な魚が並びます。ポルトチェザーレオ(Porto Cesareo)、目の前が海であることもあって、いろいろな魚が並びます。
今回は、この魚市場に絞ってレポートします。
もともと魚市場は好きなので…港町を旅行した際は、なるべく訪れるようにします。

  • [USA]アメリカの西海岸 シアトル市場/seattle のpike place market[記事はこちら/here]
  • [KOREA]韓国の魚市場 鷺梁津水産市場 ノリャンジンスサンシジャン Noryangjin Fisheries Wholesale Market[記事はこちら/here]

ほかにも、台湾の旗津なども面白いです。
さて、話をイタリアに戻します。

Italy fish markets

もちろん、ここで採れたもの以外も少しは含まれるようですが、大部分はここ(Porto Cesareo)で、水揚げされたものばかりです。FISH MARKET in Porto Cesareo,Puglia,South of Italy

Italy fish markets

日本人も大好きなウニも売ってあります。ウニはイタリア語で[riccio di mare] イタリア語で[riccio/リッチョ]は ハリネズミ、[mare]は海の意味なので、『海のハリネズミ』ということです。カワ(・∀・)イイ!!ですね!

市場散歩 Summer Holidays,Vaccation,Porto Cesareo,Puglia,Lecce,South of Italy,夏休み、夏の休暇,イタリア旅行,ポルトチェザーレオ、プーリャ、レッチェ サレントの海 Porto Cesareo house villa hotel rental ポルトチェザーレオのホテル アコモデーション 貸別荘のレンタル

アラカブもいますね。日本で見かける魚もいっぱいです!カサゴは、イタリア語で、[scorfano]だそうです。

Booking.com

ちなみに、魚は、[pesce/fish]『ペッシェ』というのですが、先生をされていた、おばちゃんたちのイタリア語スパルタ教育をディナーの時に受けました。( ´艸`) イタリア語は、男性形と女性形が存在する複雑なラテン語であり、this にあたる questoがquestaになったりと、変化します。
そんなわけで「この魚はおいしいです。」とイタリア語で、いうだけでも、勉強です!良いという意味の[buono]もこれまた変化します。





マイレージを貯めて無料で海外旅行


おすすめクレジットカードまとめ

Italy fish markets

よく見ると、[riccio] 20で5.0と書いてあるので、もしかしたら、ウニ20個で、5€ということかもしれません。安いですね!
ちなみに、エビは、種類によって名前が全然違い、


小エビ [gamberi/ガンベリ]

手長海老[scampi/スカンピ]

オマール海老[astice/アスティチェ]

ザリガニ[gambero d'acqua dolce/ガンベロデアックアドルチェ]

伊勢海老[aragosta/アラゴスタ]

ほかに、

鯛(タイ)は、[orata オラータ]

鮪(マグロ)は、[tonno トンノ]

と言います。※↑の写真をよく見ると、『ORATA』って書いてありますねぇ。

Italy fish markets

Italy fish markets

見ているだけでワクワクしてきて、さらにお腹まですいてきました…。

地元の方々も大勢買いに来ています。イタリア人の友達のお母さんの手料理食べさせてもらいましたが、とにかく美味い!イタリアのママたちの手料理、さらにこの地域特産の海の幸をつかった[colazione(コランツィオーネ)/pranzo(ランチ)/cena(ディナー)]おいしくないわけがありません。

Italy fish markets

ちなみに、ご馳走になったときに、おいしいといえるように、何とか、朝飯、昼飯、ディナーをイタリア語で言えるように頑張りました…涙 難しいです( ´艸`)
[colazione/breakfast]
[pranzo/lunch]
[cena/dinner]


鯵(アジ)[suro]
鯖(サバ)[sgombro ズゴンブロ]
鰯(イワシ)[sardine サルディ-ネ]

Italy fish markets

メカジキは[pesce spada ペッシェ スパーだ]になります。
ちなみに[spada]はイタリア語で、『剣』を意味するそうです {魚+剣} カジキのとんがったイメージそのまんまですね。( ´艸`)(笑)このイタリア語は、簡単に、覚えられそうです。

Italy fish markets

😋😋😋オリーブオイルをふんだんに使った、海の幸 お惣菜です…よだれが出ます!!!😋😋😋

Italy fish markets

次回は、レストランでのシーフードの記事をレポートさせて頂きます。

◁イタリア語 語学留学のお知らせ。現地滞在型▷
◁ Let's study Italiano near beautiful beachside in Italy!▷

◁滞在 ホテル フラット 貸別荘(Villas)の紹介▷
◁ Enjoy!Staying here! ▷

■ #1.flat near the beach♪ より海に近い フラットの紹介です。こちらは別物件になります。

■ #2.flat near the beach and supermarket♪ 別物件の紹介になります。海とスーパーマーケットが近いです。上の物件に近くになります。This flat is near the upper flat.This also is near the sea and supermarket.Welcome to Salento!/Benvenuto in Salento!

■ #3.villas near the beach♪ 海が近い貸別荘になります

Porto Cesareo Beach/ポルトチェザーレオのビーチ

ポルトチェザーレオのビーチについての紹介はこちらのページで。遠浅のビーチです。日によって海の色が変わるという不思議な現象を見れます。風の強さによって いろいろな海の色を楽しめるビーチです。詳しくは、下の画像をクリックして下さい。Please Clickif you need more information of Beach!

ポルトチェザーレオのカフェで旨い珈琲を楽しみました。イタリア旅行で、プーリャ、サレントを訪れました。Puglia,salento,Porto Cesareo

イタリア旅行の際に電車・鉄道旅行 周遊を考えている場合

ヨーロッパで周遊を考えていらっしゃるのであれば、Kiwi.com がお勧めです。航空券などの他の移動手段との価格の比較もできますし、列車の切符を現地の駅で一回一回買うより遥かに安上がりになります。イタリア国内だけなら、ヨーロッパ中で使えるので良いでしょう。イタリアに到着してから買うよりも予定を決めておいて事前に購入した方が安いので、日本にいる時の購入をおすすめいたします。

こちらのサイトです。電車だけじゃなくて航空券も変えますので便利です。周遊航空券も可能でした。

Kiwi.com

マイルを使って無料で旅行という手もある!?

私はヨーロッパ圏内は、時間がなかったこともあり、マイルもあったので飛行機を使いました。マイルに関係するクレジットカードの紹介はコチラおすすめクレジットカードまとめ

イタリア旅行の際の航空券

是非 イタリア旅行など海外旅行をする際は、時期を考えて下さいね。オトラント(Otranto)レッチェ(Lecce)Porto Cesareo(ポルトチェザーリオ)を旅行する際も旅費がかなりかわります。例えば、GW直前時期だと、関空~ローマでエコノミーなのに、30万とかだったりします。お盆休みの時期も高くなってしまいますね。こういった時期を避けて、海外旅行の航空券を購入することができれば、ローマやフィレンツェ、ミラノへの航空券代も、ぐっと抑えることができます。例えば、7月の上旬や9月の上旬などの、繁忙期(夏休み)を避けることで価格は、10万程度になったりします。これで旅費が10万~20万も割安になってしまうので、損しないですみますね。同じグレードの飛行機に乗るのに、料金の差があると辛いですよね。損した気分です。

航空券検索で有名なのは、スカイスキャナーか、エアトリのサイトを使っています。

エアトリも、自由に検索出来て、海外発着便も購入できるので重宝していますね。たまに、キャンペーンを実施しており、今回も『只今 ヨーロッパ・ロシア方面 格安セール中:ローマ、スペイン、ポルトガル、フランス、ドイツめぐり!》航空券 』をしているようです。ビジネスクラスもお求めになれます。

Lecce レッチェ 遺跡巡り ドゥオーモ サンティ ピエトロ エ パオロ教会 (ガラティーナ大聖堂) ポルト・チェザーリオ 南イタリア サレント レッチェ 南イタリア 夏休み バケーション 格安旅行

"歩いているだけで楽しくなっちゃう街ですね。それがレッチェ(Lecce)ですね。"


サレント レッチェ イタリア旅行 salento holiday vacation 夏休み 青の洞窟 南イタリア旅行


『南イタリアで素敵な夏の思い出をつくりませんか?』

Lecceの街の中で、本場イタリアのエスプレッソを頂きました。旨くないわけがありませんよね?素敵な街を楽しみながら、プラット立ち寄るカフェで、珈琲を飲む。なんか嬉しくなっちゃいます。是非経験して頂きたいです。ホテルの予約。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅


南イタリアを楽しむ サレント プーリャ ナポリ ポンペイ


南イタリア旅行の際にバカンスを楽しむのはイタリア人のみだけではありません。アジア人はあまり見かけませんが、ここプーリア州を訪れる際も航空券のみ購入して、ホテルだけ宿泊という手段でも楽しめますよ。私も、航空券のみを上記のサイトから頼んで、あとはPorto Cesareo(ポルトチェザーレオ)やGallipoli(ガリポリ)やオトラント(Otranto)やレッチェ(Lecce)のホテルは現地の友達などに調達してもらうなどしています。そちらの方がコスト的にも安くなりますね。ただしこれはあくまで南イタリア旅行をする際に十分な時間があるという場合です。あまり時間がないのであれば、ツアーなどに申し込むのも手ですね。是非、素敵な地中海の透き通ったビーチのある南イタリア【プーリャ(Puglia)、サレント(Salento)、レッチェ(Lecce)、ポルトチェザーレオ(Porto Cesareo)、ガリポリ(Gallipoli)、オトラント(Otranto)】を楽しんで下さい。

※特に南イタリア旅行の際、8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

是非、南イタリア旅行 特にプーリャ(Puglia)、サレント地方(salento)で本場のイタリア料理(Italian) そして紺碧の海(Beach)を ワイングラスを片手に楽しんで頂きたいです。








ギリシアもたいへん近いです。イタリアで過ごされたあと、ギリシアに立ち寄られるのが良いかと思います。船で行くと 白い壁の建物がたくさん見えて、地中海に来たなぁって感じますよ、是非楽しんで下さいね。

ホテルのご予約はコチラから】

※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅

イタリア旅行 サレント salent



たびネタ/旅行ネタ/Travel the WORLD


その他のコンテンツ More Contents

イタリア料理のアラカルト