RIMOWA リモワ 旅行鞄 旅するスーツケース 

海外旅行する際に愛用するスーツケースはリモワ

ドイツ製のリモワはやはり魅力的な旅行カバン-スーツケー-Rimowa

更新-2022.05.01

海外旅行好きなら、いや、海外旅行に限らず、旅行好きなら、、、いや、仕事をバリバリこなす ビジネスマンなら???

実はあなたもすでにリモワ愛好家かもしれません。リモワはやはりカッコいいですよね。

カッコいい海外製のリモワは、ドイツ生まれ?

是非、持っているとカッコいいのは、やはりリモワのスーツケースです。空港でも目立ちます。ANAやJALのラウンジ利用者でもリモワ率高いのでは?それぐらいよく見ますね。

リモワのスーツケースとアタッシュケースは、かっこよさが全然違いますね。

rimowa リモワ

最近、リモワっぽい旅行カバンをみるのですが、やっぱり本物のリモワ(Rimowa)の方がはるかにカッコいいです。ドイツ製ということもあり、作りはしっかりしています。さらに、本物を持っていることへの自分自身の満足感も、リモワ愛好者であれば感じていらっしゃるのでは?あなたが、是非、まだリモワ愛好者でないのであればお持ちになることをおすすめします。、♡♡♡

rimowa リモワ アタッシュケース

こちらは、アタッシュケースのリモワRimowa)は革靴、革財布とも相性抜群ですね。

リモワ自身は、金属なのになんでこんなに革製品とあうのでしょうか。

お洒落度が凄く伝わりますね。すごくいいですね!

さらに、なんというかリモワ(Rimowa)を持っているだけで、、、このひと仕事できるんでは?と錯覚してしまいそうです。

実際、仕事できるひとがリモワ(RImowa)を買われていらっしゃるのかもしれませんが( ´∀` )

rimowa リモワ アタッシュケース

フランクフルト空港やジョンFケネディー空港、パリのシャルルドゴール空港、成田空港、羽田空港や伊丹空港でもよく見るリモワ(Rimowa)ですが、やはり目を引きますし、実際カッコいいですね。こちらの写真でも伝わるかわかりませんが、見た目からして、リモワ(Rimowa)のスーツケースやアタッシュケースが実際かっこよすぎます。

RIMOWA リモワ ハードケース アルミ アタッシュケース 機内持ち込み対応

[リモワ] キャリーバッグ TOPAS TITANIUM 75 89L 4輪

Rimowaのスーツケースとアタッシュケースを楽しむ

rimowa リモワ

こちらは機内持ち込みサイズのリモワ(Rimowa)のスーツケースになります。2-3日の国内出張に利用していました。

rimowa リモワ

リモワ(Rimowa)のアタッシュケースは、ほぼ日帰りようですね!かっこよくないですか?

rimowa リモワ

リモワ(Rimowa)のスーツケースで種類によりますが、8万~20万、アタッシュケースで6万~8万程度かかりますが、結構値幅もありますので、あなたも気に入ったものをご購入されることをおすすめします。長く愛用できるのがリモワ(Rimowa)だと思いますので。長持ちを実際しますよ。保証書もついておりますし。


rimowa リモワ アタッシュケースと靴

広い部屋ではなかったのですが、落ち着いてワインなど飲めますね。綺麗な部屋でした。


ritz carlton


ベネツィア グリッテイパレス行ってみた

マリオットボンヴォイ最高級ホテル

アメニティグッズも充実していました。流石リッツカールトンです。

ritz carlton

とてもお洒落な部屋で、大変快適に過ごすことができました。リッツカールトン大阪の今の最安値を見てみる

ザ・リッツ・カールトン大阪 (The Ritz-Carlton, Osaka)

グリッテイパレス サンルーフがお洒落なホテル

イタリアベネツィアの最高級ラグジュアリーホテル【グリッテイパレス(The gritti palace)】

JALカードのマイルを使って、マルヨカ島、イビザ島とドイツの周遊に行って来ました。

Booking.com


ritz carlton

お風呂になります

ritz carlton


タオルもリッツカールトンの絵柄が!お洒落です(〃艸〃)ムフッ

ritz carlton

紅茶もリッツカールトンの絵柄が!これまたお洒落です


ritz carlton Osaka

すみません、綺麗な状態で写真 取ればよかったですね(〃艸〃)ムフッ

ritz carlton Osaka


鍵もペンもお洒落ですね♪



ritz carlton Osaka

どこか、ヨーロッパに来たような感じですね

エレベータ ritz carlton Osaka


電話もお洒落です♪かけてませんが おそらく置物です。( ´艸`)

電話 ritz carlton Osaka

マリオットボンヴォイカード|Marriott Bonvoy card(リッツカールトン大阪リッツカールトン東京リッツカールトン京都、マリオット、ウェステインに宿泊するなら)をおすすめします。なぜなら、部屋のアップグレード、レイトチェックアウトも可能になるからです。4時にチェックアウトも可能になります。そんなこと普通のホテルじゃありえませんよね?(Marriott Bonvoy card)詳細

最適プライス ザ・リッツ・カールトン大阪 (The Ritz-Carlton, Osaka)

最高の朝を 始めるべく 朝食もレベル高かったです。

リッツカールトン大阪

雰囲気が良いでした

the ritz-calrton ザ・リッツカールトン大阪 朝食

リッツカールトン大阪では有名らしい エッグベネディクト

リッツカールトン大阪 エッグベネディクト

Booking.com

最適プライス ザ・リッツ・カールトン大阪 (The Ritz-Carlton, Osaka)

格安で泊まるリスボンのホテル

ポルトチェザーレオのカフェで旨い珈琲を楽しみました。イタリア旅行で、プーリャ、サレントを訪れました。Puglia,salento,Porto Cesareo

ヨーロッパで周遊を考えていらっしゃるのであれば、パスレイルヨーロッパジャパンがお勧めです。一回一回切符を買うより遥かに安上がりになります。イタリア国内だけなら、イタリアだけで使えるレイルパスを買うと良いでしょう。イタリアについてからは買えないので、日本にいるときに事前に買ってね。これと似たようなものとして、日本にも新幹線乗り放題のレイルパス(Japan railpass)があるのですが、こちらも日本についてからは買えませんし、日本人は買えません。なので、ヨーロッパなどの海外の方が、自国で買うというものです。私の友人はそれを日本に来る前に買わないでかなり交通費にお金をかけていました。ヨーロッパも安くないので、鉄道旅行を楽しむのであれば、購入をお勧めしますね。


airberlin(エアーベルリン)を使ったのですが、マイルで飛行機に乗ったので、ほぼゼロ円で移動しました。マイルをためると海外旅行もほぼ無料で行けるので、マイルのたまるクレジットカードを持つことをお勧めします。非常にマイルがたまりやすいクレジットカード(アメリカンエクスプレスまとめ)

Lecce レッチェ 遺跡巡り ドゥオーモ サンティ ピエトロ エ パオロ教会 (ガラティーナ大聖堂) ポルト・チェザーリオ 南イタリア サレント レッチェ 南イタリア 夏休み バケーション 格安旅行

"歩いているだけで楽しくなっちゃう街ですね。それがレッチェ(Lecce)ですね。"


サレント レッチェ イタリア旅行 salento holiday vacation 夏休み 青の洞窟 南イタリア旅行


『南イタリアで素敵な夏の思い出をつくりませんか?』

Lecceの街の中で、本場イタリアのエスプレッソを頂きました。旨くないわけがありませんよね?素敵な街を楽しみながら、プラット立ち寄るカフェで、珈琲を飲む。なんか嬉しくなっちゃいます。是非経験して頂きたいです。ホテルの予約。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅


南イタリアを楽しむ サレント プーリャ ナポリ ポンペイ


《只今 ローマ イタリア方面 格安セール中:ローマ、フィレンツェ、ナポリ!》格安海外ツアーなら<DeNAトラベル>

航空券のみ購入して、ホテルだけ宿泊という手段でも楽しめますよ。是非、素敵な地中海の透き通ったビーチのある南イタリア【プーリャ、サレント、レッチェ】を楽しんで下さい。

※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

『南イタリア プーリャ、salentoで楽しむ 本場のイタリア料理 そして紺碧の海を ワイングラスを片手に楽しみませんか?』






アマルフィ旅行

ナポリ Naples

ナポリに宿泊!アマルフィ海岸南イタリア世界遺産紀行1泊2日(ナポリへの旅:Naples travel(南イタリアへの旅) )



ギリシアもたいへん近いです。イタリアで過ごされたあと、ギリシアに立ち寄られるのが良いかと思います。船で行くと 白い壁の建物がたくさん見えて、地中海に来たなぁって感じますよ、是非楽しんで下さいね。

Copyright reserved by SunChildren 【ホテルのご予約はコチラから】 【※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅

イタリア旅行 サレント salent



たびネタ/旅行ネタ/Travel the WORLD


その他のコンテンツ More Contents

イタリア料理のアラカルト